初めて登った千ヶ峰。 - 優 Photo Gallery

優 Photo Gallery

見えることに感謝しつつ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて登った千ヶ峰。  

千ヶ峰に初めて連れて行ってもらった。
標高1005、2mの山だ。

春、秋に時々連れていってもらう山々は標高300mもない。

大丈夫か、、、私。


過去6年間ほどでみるみる衰えてしまった全身の筋力で
登り降りができるのかと大きな不安があったけれど
なんとか、、、、本当に、、、なんとか頑張れた。


夫は涼しい顔をして歩くが自分にとってはウォーキングじゃぁないなぁ
登山だ!!!!!ヽ( ´_`)丿
、、、、、私の方が若いのに、、、、、、


写真ばかりですけれど。
ちょっと見てやってくださいまし。





千本杉のあるところ(岩座神コース)から出発。

この地点から右手にある南側の道を歩いて行く。

DSCN2694-2.jpg



DSCN2693-2.jpg



DSCN2692-2.jpg



DSCN2730-2.jpg


DSCN2731-2.jpg


数十メートル歩いたところ。
「え、、、、もう足痛いし、、、、。」

DSCN2695-2.jpg



すすきも山肌もとても綺麗。

DSCN2697-2.jpg


「おっ、、、撮ったって。」
杖にしていた木にとまった。

DSCN2699-2.jpg



360度、、、ぐるりと杉の木だらけです。
こんなところ入ったことがない。。。

DSCN2700-2.jpg


DSCN2702-2.jpg


DSCN2703-2.jpg



杉、スギ、すぎ、、、、え~~~~ッ、先が見えない。

でも、綺麗。

DSCN2704-2.jpg


DSCN2705-2.jpg


DSCN2706-2.jpg


DSCN2707-2.jpg


DSCN2708-2.jpg


登るにつれ、光がたくさん射してくると
緑が目立ち始める。

ブナ林にさしかかった所は
風がザザーッと渡っていくのがよくわかる。

時おり「ピュー。ピュー―。」と聞こえる声に
トンビかと思ったが、どうも違っていて
あとで、鹿だとわかる。
(鹿は撮れていませんが、復路の途中で遠くに鹿が横切ったのでした。)


三谷コースと合流する地点までは私の足で40分もかかってしまった。




そこから20分ほど行くと、また案内がある。
え、、、、、、まだあと20分もあるの?

大丈夫か、私の足腰、、、と、ものすごく不安になった。

DSCN2709-2.jpg



私はこの綱がなかったら、登れていないな、、、、。
ありがとうーーーーーーロープ!!
などと思いながらがんばる。

DSCN2710-2.jpg


途中で良い眺めがあったのだけれど
頂上を思い描いて、また頑張って登る。





頂上。

360度、、、絶景。
山、やま、ヤマ、すすき、空、雲、風、、、、、、、、

DSCN2714-2.jpg


DSCN2717-2.jpg


DSCN2718-2.jpg


DSCN2721-2.jpg


DSCN2723-2.jpg


DSCN2725-2.jpg


DSCN2726-2.jpg


DSCN2727-2.jpg


DSCN2728-2.jpg


DSCN2729-2.jpg


DSC_0005-22.jpg




忘れていた一枚を追記。

360度パノラマ写真です。

DSCN2724-2.jpg


復路は
足も腰も、もうアカン、、、と思いつつ
ゆっくりゆっくり降りる。


降りて、振りかえる。

連れて来てもらってよかった。

DSCN2732-2.jpg
コメント

yoppyさんへ

> わぁー、頑張りましたね。(^^)
> どうです?
> 思っていた以上に体力があったでしょ。
いえ、、ほーーーんとに無く。。。
思ったように身体が動かず3度も転んでしまいました。
どないしょーーーーーと叫んでいました。^^


あの頂上のすがすがしさはわすれられませんね。
yoppyさんやご友人の方々が山に登られる気持ちは
この力が大きいのですよね。

杉は、、、、きれかったきれかった、、、。
お話の一場面のようでした。

また違う山へ行きたいです。^^

優 #- | URL
2015/10/10 07:04 | edit

ナイスです。

わぁー、頑張りましたね。(^^)
どうです?
思っていた以上に体力があったでしょ。
1005.2mだと六甲よりも高い山やし、この辺りやと、六甲と比べれば空気も澄んでいると思うので山頂からの景観が素晴らしいです。
山頂を覆うススキ、そして、ススキ越の360℃の眺望、山々…
もう、この高さを経験すると、忘れられなくなりますね。(^^)

この高さのお山やから、山頂へ行くには、時間も掛かるやろうし、途中、キツイ登りもあったと思いますが、それも、山頂に着いたら忘れていた思います。
途中の、杉林もイイですね。
木々の間から差し込んでくる日差しがとても綺麗。
ゴースト効果が、雰囲気をアップさせて、臨場感がとってもあって、その場にいるような気持ちになってしまいました。

これからも、御主人と一緒に、素適な景色を求めて登って下さいね。(^^)

yoppy702 #- | URL
2015/10/09 22:49 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。